チーズタッカルビは辛みの強い料理ですが、IBD患者さんに対応し辛さを抑え、味変できるようにしました。また見た目が派手で食欲が増すように考え、お肉の種類や入れる野菜を工夫しました。

セッカル~色とりどりの~タッカルビ風

栄養価(1人分)

エネルギー 334kcal
たんぱく質 32.4g
脂質 8.6g
炭水化物 35.7g
糖質 30.1g
食物繊維 5.6g
食塩相当量 2.4g

材料(2人分)

<緑>
鶏むね肉(皮なし) 120g (30g✕4枚)
ブロッコリー 20g
ほうれん草 40g
長葱 10g
☆ブラックペッパー 0.02g (少々)
☆みそ 18g (大さじ1)
☆ごま油 1g (少々)
☆砂糖 6g (小さじ2)
☆おろしにんにく 2g (適量)
<赤>
大豆肉乾燥フィレ 30g
鶏ガラスープの素 0.8g (少々)
甜麵醬 20g
カットトマト缶 28g
ミニトマト 60g (4個)
赤パプリカ 40g
人参 20g
紫玉ねぎ 6g
<トッピング>
モッツァレラチーズ 40g
カッテージチーズ(うらごし) 40g
餅(しゃぶしゃぶ用) 48g (4枚)
バルサミコ酢 5g (小さじ1)

手順

<緑>

  1. ブロッコリーは小さめの房に分ける。ほうれん草は3~5㎝くらいにカット、長葱は細めの斜め切りにしておく。
  2. ☆の調味料を合わせておく。
  3. 鶏肉はフッ素樹脂加工のフライパンで焼き目がつくまで焼き、①の野菜をのせ、②の合わせ調味料をかけて、軽く混ぜ、ふたをして1分程度蒸し焼きにする。蒸し上がったら耐熱容器に移し、片側に寄せておく。

<赤>

  1. 大豆肉は袋の説明書きの通りに戻しておく。
  2. トマトは湯剥き、赤パプリカ・人参は細めの短冊切り、紫玉ねぎは10㎜程度のスライスにしておく。
  3. フライパンにカットトマトを入れ火にかけふつふつとしてきたら④、⑤を入れて熱を通す。鶏ガラスープの素、甜面醤を加えてひと煮立ちさせる。3の耐熱容器の反対側に移す。

<トッピング>

  1. 餅を砕き、モッツァレラチーズ、カッテージチーズと混ぜ合わせておく。
  2. 緑、赤の具材が盛り付けられた耐熱容器に⑦のチーズを振りかけ、オーブントースターで焼く。
    チーズがとろけてきたら出来上がりです。
    ※食物繊維が気になる方は、野菜は繊維を断ち切るようにカット、トマトは湯剥き、ほうれん草は葉先を使用してください。みそはお好みのものでOKです。

エームサービス株式会社からのコメント

セッカルとは、ハングル語で「色、色彩」を表します。学生の皆さんとレシピアイディアを練るなかで、「IBD患者様にいろんな色や味を楽しんでいただこう!」という夢も詰め込んでいます。食べ進めた最後には、バルサミコ酢でさっぱり味、「びっくり味変」の工夫を凝らしました。見た目は韓国風、味は和食からイタリアンまで一度に楽しめます。オーブントースターがない場合は電子レンジにかけても、アルミホイルでふたをしてフライパンで蒸し焼きにしてもOKです。

太田裕子先生のワンポイントアドバイス

大豆肉は特に最近、肉の代替えとしていろいろなところで見かけるようになりました。乾燥したものからそのまま使用できるものも販売されています。高たん白で脂肪が少なく保存もしやすいので便利な食品です。しかし大豆からできているので食物繊維も多く含まれます。不溶性繊維が多いので狭窄がある、または腸の炎症が強い方は豆腐に替える方がよいでしょう。

その他のレシピ

2022年度

2020年度