バジルチーズを溶かして食べる!米粉のトマトラーメン

若者が好きなトマトとチーズを使った、IBD患者さんでもがっつり食べられるラーメンです。バジルチーズを溶かして味変できます。簡単に手に入る食材を選んだので、自宅でも作って楽しんでいただけたらと思います。

バジルチーズを溶かして食べる!米粉のトマトラーメン

栄養価(1人分)

エネルギー 486kcal
たんぱく質 16.5g
脂質 9.7g
炭水化物 80.5g
糖質 76.8g
食物繊維 3.7g
食塩相当量 4.0g

材料(2人分)

<スープ>

トマトソース(市販) 180g
玉ねぎ(みじん切り) 60g (1/4個)
おろしにんにく 6g (小さじ1)
オリーブオイル 8g (小さじ2)
中華スープの素(顆粒)
(シャンタンスープの素)
16g (大さじ1)
醤油 大さじ1
480㏄

<バジルチーズ>

じゃがいも 30g (1/4個)
豆乳 10g (小さじ2)
カッテージチーズ 30g
バジル(みじん切り) 3g (大1枚)
0.4g (少々)

<トッピング>

サラダチキン 60g (1パック)
ミニトマト 30g (2個)
ブロッコリー 40g (2かけ)
食用花(菊など) 適量

<麺>

フォー(乾麺) 160g

手順

  1. ブロッコリーは電子レンジで加熱し、冷ましておく(600W40秒程度)。
  2. じゃがいもは小さめに切り、電子レンジで柔らかくなるまで加熱。スプーン等でつぶし、塩、豆乳、カッテージチーズを入れ、最後にバジルを混ぜ合わせる。
  3. 鍋にオリーブオイルとおろしにんにくを入れ弱火で香りが出るまで炒め、玉ねぎを加え透き通るまで更に炒める。
  4. ③にトマトソースを加え、ひと煮立ちしたら水、中華スープの素、醤油を入れ沸かしておく。
  5. 別の鍋でたっぷりのお湯を沸かしフォーを茹で、ザルにあけ、流水で冷やし水切りしておく。
  6. ⑤を④のスープに入れ、麺が温まったら器にあけ、バジルチーズとトッピングをのせて完成。

※トマトの皮が気になる方は、湯むきしましょう。

エームサービス株式会社からのコメント

脂質は控え目、うま味はたっぷりのラーメン風。味のベースにトマトやチーズを使用しながらも、フォー(米粉麺)を使うことによりイタリアンともひと味違う印象に。チーズとマッシュポテトのトッピングを溶かして食べると、ラーメンの「味変」さながらさっぱり味から濃厚な味への変化を楽しめます。家庭でも作りやすいように市販のトマトソースやサラダチキンを使用しています。

斎藤恵子先生のワンポイントアドバイス

フォーが準備できない場合は、そうめんや冷麦、きしめん、パスタでも美味しく召し上がれます。スープをもっと簡単に作りたい場合は、市販のトマトポタージュスープの素がお勧めです。
※市販のトマトポタージュスープの素を使用する際は、醤油を少し減らしましょう

その他のレシピ