IBDreamめしとは?

IBD患者さんの多くは、家族や友人等との外食において「食べたいものを食べられない」という課題を抱えています。また、IBDは食べ盛りでもある比較的若年に発症し、10歳代から30歳代に好発することが知られています。
そこで、武田薬品工業株式会社とエームサービス株式会社は、「IBD患者さんが外食で食べたかった夢の食べ物」をコンセプトとした「IBDream(アイ・ビー・ドリーム)めし」ワークショップを実施しました。
このワークショップでは、27名の医学生、薬学生、看護学生、栄養学生さん等とともに、若いIBD患者さんの気持ちに寄り添いながら、学生ならではの等身大のアイデアの詰まった「IBDreamめし」を考えました。

IBDreamめし開発までのストーリー

2020年3月28日(土)、「In Their Shoes」プログラムと同時進行で、IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)、一般社団法人日本薬学生連盟、栄養学生団体【N】に所属する27名の学生さんが、「IBDreamめし」を考案するレシピワークショップに参加しました。
ワークショップでは、若年層の患者さんが食べたいと願う*1「肉料理」、「揚げ物」、「麺類」、「ご飯もの」の4チームに分かれ、エームサービス株式会社の管理栄養士さん・調理師さんを交えながら、レシピに関するディスカッションが行われました。その後、エームサービス株式会社の協力、東京医科歯科大学医学部附属病院 斎藤恵子先生の監修のもと、「IBDreamめし」が実現しました。

*1 相模女子大学栄養科学部管理栄養学科 山田華月・望月弘彦・石川美紅・入慶田本清美・佐藤さやか・芹沢舞(2018)『炎症性腸疾患児における食に対する意識』

レシピワークショップ レシピワークショップ

IBDreamめし レシピ